クリニックブログ

  • トップ

カテゴリ「クリニックについて」のブログ記事

日本精神神経学会

2018年6月27日 カテゴリー:

6月23日土曜日に神戸で開催されていた日本精神神経学会学術総会に出席してきました。

クリニックを休診しての参加でしたため、患者様にはご迷惑をお掛け致しました。申し訳ございません。

さて、今年の学会では主に成人の発達障害についてと、双極性障害(躁うつ病)II型についての講演を中心に拝聴しました。発達障害は今や一つのバブル状態で、「過剰診断」が散見されること、軽躁を伴う気分障害である双極性障害(躁うつ病)II型に関しては診断が非常に難しく、なかなかコンセンサスの得られない状況が続いていることなど、精神科診断の難しさを改めて痛感しました。

私のクリニックにも多くの発達障害の患者様が来院されています。成人のADHD(注意欠如多動性障害)の患者様が中心ですが、いわゆるグレーゾーンで診断に迷うケースも少なくありません。そもそも、発達障害はスペクトラムな個性・特性であり、ここからが病気で、ここからは正常という線引きは困難です。

「ご本人や周囲の方が困っている」「社会生活を営むことに支障がある」場合は、ご相談いただきたいと思いますが、1回の診察だけで確定診断に至る場合は多くありません。しかし、経験の蓄積と確実な医学的知識が診断の一助となることに異論はないでしょう。

これからも大いに勉学し、知見を深め、患者様にフィードバックしていく所存です。

 

 

 

訪問看護について

2018年3月26日 カテゴリー:

いよいよ4月2日よりデイケアセンターミライが開設されます。同時に、精神科訪問看護もスタートします。精神科訪問看護は通常の訪問看護と同じく、看護師が患者様のバイタル、身体の調子を看させていただくと共に、作業療法士や精神保健福祉士が同行し患者様の生活の様子や精神的不調などを細かく聴取し、主治医にフィードバックしていく体制を整えています。日々の診察でお話しできなかった事や、相談したい事など、ゆっくりとお話をしていただくと良いと思います。ご家族から見た患者様の様子もお伝えいただくと、診察に反映され、より適切な医療が実施できるでしょう。ご希望の方はお気軽にクリニックスタッフ、デイケアスタッフにご相談ください。

 

 

明けましておめでとうございます

2018年1月3日 カテゴリー:

新年明けましておめでとうございます。

平成30年、今上天皇の退位が来年4月30日に決定し、今年は平成最後の年になります。来年どのような年号となるのか今から興味津々ですが、新しい時代の幕開けを期待させると同時に、平成の終わりが来ることはどことなく寂しい気にさせます。12月23日はもう祝日ではなくなるのですね。

さて、当院は明日1月4日から通常診察が始まります。年末年始休暇で緩んだ気を引き締めて、今年も患者様のために奮励致しますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

開院から1週間を迎えて

2017年5月22日 カテゴリー:

5月15日の開業から今日でまる1週間が過ぎました。

開業初日は大混乱で、かなりの時間お待たせした患者様もいらっしゃり、大変申し訳ないことをしてしまいました。

深くお詫び申し上げます。

連日本当に多数の新規の患者様に来院いただいております。数ある心療内科・精神科病院、クリニックが存在する中、当院を選んでいただき、感謝しかございません。

転院希望の患者様には当院の雰囲気、受付の対応、診察の仕方などご満足いただけたのか気になるところではありますが、「丁寧な問診と精神科専門医としてのプロフェッショナルな診断技術」が基本であることを念頭に置き、診療に当たる所存ですので、どうかこれからも宜しくお願い申し上げます。

また、前勤務先から引き続き岐南ほんだクリニックにご来院いただきました患者様にも、当院のアットホームで落ち着いた雰囲気を感じ取っていただけたら幸いです。

クリニックについてお気づきになった点がございましたらどんな些細なことでも構いません。スタッフや私にご相談くださいね。

 

 

開業初日!

2017年5月16日 カテゴリー:

5月15日開業初日を迎えました!!本日の開業準備のため、ご尽力いただいました関係各位、改めて御礼申し上げます。また、内覧会にご出席いただきました皆様、ご来場ありがとうございました。

開業初日は予約制のためか、かなり当日受診できなかった患者さまがいらしゃいました。ご不便をおかけしまして本当に申し訳ございませんでした。

5月16日以降は極力、当日飛び込みで来られた患者様にも対応していく所存です。特に、ぎなんメディカルスクエア内でご紹介いただきました患者様は基本お断りは一切いたしません。即日診療可能なようにご手配させていただきます。

予約優先制のため、どうしても待ち時間はできてしまいますが、3診連携で地域の皆様にご満足いただける医療を提供できるよう、鋭意努力いたしますのでどうぞ宜しくお願い申し上げます。