クリニックブログ

  • トップ

パニック障害

2017年7月15日 カテゴリー:

当院には多くのパニック障害の患者様が来院されます。パニック障害は動悸、手足の震え、息苦しさ、めまいといった身体症状とともに、「死んでしまうかもしれない」と思うほどの強い不安感に襲われる病気です。こうした発作は「パニック発作」といわれ、パニック障害に特徴的な症状です。パニック発作は通常10分から15分、長くても60分以内におさまることがほとんどです。

こうした発作を何度か経験すると、経験した場所や状況を極力避ける方向に行動するようになります。人ごみや、すぐにその場から立ち去れないような場所、例えば電車の中やエレベーターの中、高速道路なども避けるようになります。そこでパニック発作になると逃げられないと恐れるからです。「広場恐怖」と呼ばれる症状です。

さらには「また発作を起こしたらどうしよう」と常に強い恐怖感・不安感を抱くようになります。「予期不安」という症状です。

この2つの症状がパニック障害では頻繁にみられます。ひどくなると外出に不安を抱き、引きこもるようになることがあり、一人で外出することを避けるようにもなります。

こうなると正常な社会生活を営むことが困難となり、多大な悪影響を及ぼします。悪くするとうつ病に発展することもあります。

こうした症状はSSRIと呼ばれる抗うつ薬や抗不安薬、暴露療法という精神療法により改善が可能です。不安感や恐怖感を和らげることにより、今まで避けていた場所やシチュエーションに対峙し、「行けることができた」という成功体験が蓄積されることにより自信が生まれ、パニック障害を克服することができるのです。

パニック障害の治療はかなりの時間を要します。紆余曲折も経験すると思いますが、必ず良くなる病気です。一人で不安を抱えず、当院に是非ご相談ください。