クリニックブログ

  • トップ

カテゴリ「デイケア」のブログ記事

デイケアセンター説明会

2018年2月7日 カテゴリー:

いよいよ4月2日より通所医療施設デイケアセンター ミライが開設されます。

月、火、木、金曜日の平日は休職されている方、復職、再就職をご希望の方、そして長期間にわたり社会参加できず引きこもりとなられている方などを中心に、個々の状況に合わせたオーダーメイドのリハビリテーション、トレーニングを行い、社会復帰を支援していきます。

土曜日に関しては、学童の方を対象にした子どもデイケアを実施する予定となっています。子育てに悩まれている方、子どもの発達や育児に不安や心配のある方、是非当施設・クリニックにご相談いただければと思います。

先立ちまして、説明会を開催することとなりました。3月3日15時~16時、3月14日13時~14時の両日程で行います。それぞれ30分前から受け付け開始となります。

説明会前日までにクリニックもしくは説明会予約専用ダイヤル:070−3149−3874までご連絡ください。当日受付も可能ですが、定員になり次第締め切らせていただく可能性があります。ご了承ください。

他院通院中の方、他のデイケアを利用されている方もご相談可能です。宜しくお願い致します。

 

デイケアセンター ミライ

2017年10月19日 カテゴリー:

10月も後半に差し掛かり随分気温も下がってきました。連日の雨で体調を崩される方もいらっしゃると思いますが、来週あたりには天候も回復するようです。どうかご自愛ください。

さて、いよいよ来年平成30年4月に開設するデイケアの名称が決まりました。

「デイケアセンター ミライ」です。

ミライは未来、皆様が今よりも、より良い明日になることを願ってこの名称に決めました。デイケアセンターとしたのはデイケアのみならず、精神科訪問看護や地域支援のための活動を行なっていくことを念頭に「センター」と称しました。

精神科におけるデイケアの位置付けは昨今多様化しています。統合失調症やうつ病、躁うつ病の患者様の自立、社会復帰支援のみならず、働く人のリワーク=復職支援的役割、認知症高齢者の方のためのリハビリテーション、さらにその先にある「認知症高齢者でも働ける社会」に向けたデイケア=ワーキングデイが実現できるよう、プログラムを試行錯誤して考えてまいります。

年明けにはさらに具体的なアナウンスもしていく予定です。どうか宜しくお願い申し上げます。

 

デイケアについて

2017年3月16日 カテゴリー:

みなさんはデイケアについてご存知でしょうか?

デイケアは「通所リハビリテーション」の一つで、精神疾患の患者様や高齢者の方を対象にしています。ここでは精神科対象のデイケアについてお話しします。デイケアは精神を患った方の社会生活機能の回復を目的に、個々の患者様に応じたリハビリテーションプログラムを行うものです。個人もしくはグループで参加し、文科系、運動系のレクリエーションや心理、社会教育などのプログラムを利用いただきます。デイケアは1日6時間と決まっていて、デイナイトケアになると10時間、ショートケアで3時間と、利用時間に違いがあります。

当院では主に下記の3点を特徴とした3時間〜6時間のショートケア、デイケアプログラムを展開する予定です。

・うつ病などで休職している方を対象としたリワークプログラム、就労支援プログラム

・高齢者の方を対象としたワーキングデイ

・統合失調症の方の陰性症状の改善、社会機能の回復

この中でも特に「ワーキングデイ」は特徴的でしょう。高齢者の方が対象のデイケアはどうしても椅子に座ってお話しをするだけの「お茶会」のようなデイケアになりがちです。そうではなく、同じ座るなら「働く」作業をしながら座ってもらいたいと考えています。ゴム製品のバリ取りやネジの仕分け、ボールペン作りなど実際にニーズ=需要のある仕事をしていいただき、それに応じて給与もお出しできるような「ワーキング」デイケアを実践します。時には外に出てもらってイベントのお知らせのポスティングや、畑仕事をしてもらったり、大工になってもらったり、現在いろいろとプログラムを考えているところです。

日本は超高齢化社会に突入し、人口減少により高齢者の方の労働力が必要になる場面はこれから確実に増えるでしょう。60歳や65歳で定年になる時代はもう過去となりつつあります。「80歳、90歳になっても働ける」デイケアを目指していきたいと思っています。

平成30年4月に開設予定となっています。しっかり下準備をして皆様が満足できる、通所してよかったと思えるデイケア施設にしていきたいですね。