クリニックブログ

  • トップ

パニック障害

2017年7月15日 カテゴリー:

当院には多くのパニック障害の患者様が来院されます。パニック障害は動悸、手足の震え、息苦しさ、めまいといった身体症状とともに、「死んでしまうかもしれない」と思うほどの強い不安感に襲われる病気です。こうした発作は「パニック発作」といわれ、パニック障害に特徴的な症状です。パニック発作は通常10分から15分、長くても60分以内におさまることがほとんどです。

こうした発作を何度か経験すると、経験した場所や状況を極力避ける方向に行動するようになります。人ごみや、すぐにその場から立ち去れないような場所、例えば電車の中やエレベーターの中、高速道路なども避けるようになります。そこでパニック発作になると逃げられないと恐れるからです。「広場恐怖」と呼ばれる症状です。

さらには「また発作を起こしたらどうしよう」と常に強い恐怖感・不安感を抱くようになります。「予期不安」という症状です。

この2つの症状がパニック障害では頻繁にみられます。ひどくなると外出に不安を抱き、引きこもるようになることがあり、一人で外出することを避けるようにもなります。

こうなると正常な社会生活を営むことが困難となり、多大な悪影響を及ぼします。悪くするとうつ病に発展することもあります。

こうした症状はSSRIと呼ばれる抗うつ薬や抗不安薬、暴露療法という精神療法により改善が可能です。不安感や恐怖感を和らげることにより、今まで避けていた場所やシチュエーションに対峙し、「行けることができた」という成功体験が蓄積されることにより自信が生まれ、パニック障害を克服することができるのです。

パニック障害の治療はかなりの時間を要します。紆余曲折も経験すると思いますが、必ず良くなる病気です。一人で不安を抱えず、当院に是非ご相談ください。

炎舞

2017年7月1日 カテゴリー:

私は絵心も絵画への関心も正直言ってあまりない(笑)タイプなのですが、大好きな絵画は数点あります。

今回その中でも日本画の巨匠と言われた「速水御舟」の作品を紹介したいと思います。

速水御舟は大正から昭和初期に活躍した画家で、40歳で亡くなっています。あまり作品を残さなかった方ですが、その多くが渋谷区広尾にある山種美術館に保管してあります。私は特に「炎舞」という作品が好きで、いつか美術館で本物を鑑賞したいと思っています。

 

炎に蛾が集まる周囲の黒がなんとも表現できない黒なんですよね。漆黒の闇が広がった様は、御舟自身も「2度と描けない」と言ったそうです。ご興味がある方は是非、一度本物をご覧ください。迫力に圧倒されるみたいですよ。

 

日本精神神経学会

2017年6月25日 カテゴリー:

梅雨らしいジメジメした天気が続いた今週末、第113回日本精神神経学会学術総会に出席して参りました。6月24日土曜日は休診とさせていただき、患者様には大変なご不便をおかけしました。心よりお詫び申し上げます。

今年の学会は岐阜県のお隣、愛知県名古屋市で開催され、全国から精神科医師が一堂に会しました。今年のテーマは「双方向の対話」と題し、名古屋大学の尾崎紀夫教授が会長として開催にご尽力されました。双方向とは精神医学の研究・教育機関と精神医療を繋ぐことを意味します。これまでで最大規模の演題数が集まり、非常に活況を呈しておりました。

私は主に「うつ病」に関するガイドラインの総括や、導入されて1年が経過するストレスチェック制度についてのシンポジウムに参加させていただきました。本学会で得た新しい知識、知見を是非、地域の皆様の精神科医療、心身医療に還元できればと考えています。

会場である名古屋国際会議場には大きな黄金色のシャチホコや、レオナルドダヴィンチ作の「幻のスフォルツァ騎馬像」の復元作品があります。騎馬像はとてつもなく大きく、最初に見た時は圧倒されました。平成13年の母校名古屋市立大学の入学式のことです。あれから早いもので16年の歳月が流れました。

初心を忘れず、これからも地域医療に邁進していきたいと思います。

 

 

 

 

睡眠時無呼吸症候群の検査について

2017年6月7日 カテゴリー:

以前から睡眠時無呼吸症候群についてのお話しをブログでお話しさせていただいておりましたが、当院で簡易検査が可能となりました!

睡眠時無呼吸症候群は高血圧や糖尿病などの生活習慣病から脳梗塞、心筋梗塞などの大血管病まで様々な疾患を引き起こします。無呼吸があると、脳にもからだにも多大な悪影響を及ぼします。呼吸が止まる時間があることによって断続的に脳もからだも覚醒した状態となり、心地よい睡眠が取れなくなります。すると、日中の眠気やだるさにつながり、仕事や家事もままならなくなります。

当院で簡易検査を受けていただくことによって、精密検査であるPSG(ポリソムノグラフィ)を追加するべきか、すぐに無呼吸の治療を行うべきか、経過観察かがわかります。いびきや呼吸の乱れ、無呼吸を指摘された方は是非一度検査を受けてみてください。

 

 

開院から1週間を迎えて

2017年5月22日 カテゴリー:

5月15日の開業から今日でまる1週間が過ぎました。

開業初日は大混乱で、かなりの時間お待たせした患者様もいらっしゃり、大変申し訳ないことをしてしまいました。

深くお詫び申し上げます。

連日本当に多数の新規の患者様に来院いただいております。数ある心療内科・精神科病院、クリニックが存在する中、当院を選んでいただき、感謝しかございません。

転院希望の患者様には当院の雰囲気、受付の対応、診察の仕方などご満足いただけたのか気になるところではありますが、「丁寧な問診と精神科専門医としてのプロフェッショナルな診断技術」が基本であることを念頭に置き、診療に当たる所存ですので、どうかこれからも宜しくお願い申し上げます。

また、前勤務先から引き続き岐南ほんだクリニックにご来院いただきました患者様にも、当院のアットホームで落ち着いた雰囲気を感じ取っていただけたら幸いです。

クリニックについてお気づきになった点がございましたらどんな些細なことでも構いません。スタッフや私にご相談くださいね。