クリニックブログ

  • トップ

2017年8月のブログ記事

夏バテ対策

2017年8月10日 カテゴリー:

暑い暑い夏真っ盛りですが、皆さん夏バテしていませんか?

連日平均気温が30度を優に超える猛暑が続きます。夜間も熱帯夜で、クーラーを効かせないと汗まみれで夜中に起きてしまう、そんな寝苦しい毎日でしょう。

そうした夏の暑さに体が対応できなくなると食欲がなくなり、朝から何となく体が重く、お腹も下りがちになる、、、それがいわゆる夏バテの症状です。

夏バテは東洋医学でいう「中暑」の状態になります。そんな夏バテに有効な漢方薬があります。

補中益気湯や人参養栄湯、十全大補湯などが夏バテ対策の候補に上がるでしょう。補中益気湯は胃腸が弱い体力のない人、人参養栄湯は体力不足に加え四肢の倦怠感が特に目立つ人に効果があります。十全大補湯は代表的な補剤(足りないものを補うという意味です)で、体力不足、気力不足、倦怠感の強い方に向いています。

その他にも食欲低下には六君子湯、夏場水分の取りすぎで浮腫んだ体には柴苓湯などが良い適応です。

そうした病気になる前、「未病」の状態を治すところに漢方治療の醍醐味があります。西洋医学では対応が困難な病前の症状に東洋医学は力を発揮するのです。